健康状態のチェック

社会復帰の際には、健康状態のチェックをしよう。

皆さんは、障害者の雇用について、ご存知でしょうか。おそらく官公庁や、大企業などが障害者の雇用枠がある事は皆さん、周知しているでしょう。それでは不況の状況の今、どのような取り組みがあるでしょう。身体の障害や、精神障害によって、仕事が見つからないという場合があります。少し病気を患っていて、働けない期間がある時は、まぞ相談機関を訪れましょう。そして身体の機能低下の、身体各部を、再診断してもらいましょう。この頃は認知され始めた、「中途障害者」、という方がいます。医療機関の診断などを、官公庁に持参して自分が、障害の枠にいる場合が分かります。もしかしたら、病院に入院している期間が長いと適用があるかも知れません。

ハローワークや民間職業紹介事業者を活用しましょう。

そうして身体の不調などの場合は、自分の健康状態の再確認を取りましょう。急に働くことで体調の変化がみられる場合もあります。ハローワークや民間職業紹介所などで、紹介をうける前の、相談を行っています。ある程度の求職志望などを聞くと、職業相談員が助言や指導をしてくれます。早く仕事を見つけたい気持ちがあっても、健康を保てられない就業はあり得ません。ハローワークや、民間の職業紹介所などは、障害者の方へも積極的にお仕事を紹介しています。自分の健康状態や、職歴などの履歴を伝える事で、有意義な紹介を行ってくれます。 また雇用の確保のために、先程の雇用枠を使い、仕事を見つけてきてくれます。 今すぐに合う求人に出会えなくても、長続きする内容で探してみましょう。